So-net無料ブログ作成
スポンサードリンク

朝ドラ花子とアン ブログトップ

安東はなと子役山田望叶!朝ドラ花子とアン登場人物とキャスト [朝ドラ花子とアン]

いよいよNHK連続テレビ小説 花子とアンの始まりです。

主人公は安東はな(のちの村岡花子)、赤毛のアンの翻訳者として有名ですね。
私も子供の頃、赤毛のアンが大好きで

身体が弱くて人見知りだった私を元気づけてくれたのが
赤毛のアンでした。

赤毛のアンは好きでしたし、村岡花子の名前も知っていたのですが、
村岡花子のことは少しも知らず

赤毛のアンと村岡花子を同一人物と間違えていたほどです。


赤毛のアンの翻訳者村岡花子の生涯を描くという
朝ドラ「花子とアン」が楽しみです。

そこで登場人物村岡花子の簡単な生涯と
花子の子供時代を演じる子役・山田望叶(やまだもちか)のプロフィール
を調べました。

◆登場人物

安東(あんどう)はな 後の村岡花子

1893年(明治26年)山梨・甲府の、貧しい小作農家に生まれる。

小さい頃から、空想の世界に遊ぶのが好きな少女。

10歳のとき、父・吉平の勧めで東京のミッション系女学校に編入。

10年間英米文学に親しむ。

卒業後、故郷・山梨に教師として赴任。

生徒たちを教えながら書いた本の出版をきっかけに東京に戻り、
出版社で編集と翻訳の仕事を始める。

結婚後、村岡花子として、翻訳家・児童文学者の道を進み、
日本の読者たちに夢と希望を送り届けていく。

(ソース:NHKオンライン)

村岡花子さんは結婚一年後に生まれた長男さんを
6歳のとき疫痢で喪ってしまうという悲しい
体験をします。

その一年後に、
マーク・トウェインの"Prince and Pauper"を翻訳し邦題『王子と乞食』として出版
したのをきっかけに、児童文学者の道を進むことになったのは

亡くなった長男さんを常に思ってのことなのでしょうね。




◆キャスト 山田望叶(やまだもちか)

はじめ、花子の子供時代を演じる子役が

山田望叶ちゃんに決まったとき、名前の読み方がわかりませんでした。

望叶(もちか)ちゃん、のぞみ(望み)がかなう(叶う)という
意味の素晴らしい名前なんですね。


朝ドラの花子とアンに出演できたのだから、
望叶ちゃんの希望は叶ったのかな?


望叶ちゃんのプロフィールは多くのブログに掲載されていますが
無題.png山田望叶.png

生年月日:2004年8月11日

出身地: 東京都

身長 : 132cm

趣味 : 映画鑑賞、読書、旅行、特撮もの、空手、なぎなた

特技・資格:水泳、体操

(ソース:LesPros レプロエンタテインメント)


望叶(もちか)ちゃん、かわいくて、お利口そうですね。


このプロフィールを見るとまだ9歳。小学校3年生かな?
うちの孫より2歳年上ですが、

趣味がすごいですね。
空手、なぎなた、水泳、体操と 身体を鍛え、護身術も身につけて
まず、生きていく力をつけるという
親御さんの意気込みがよくわかります。

その上で映画鑑賞、読書、旅行ですよ。
恵まれた家庭であることがわかりますね。

旅行はご両親の趣味でしょうから、お金持ちだと見受けられます。
ご両親はどんな人で、どんな家庭なのか知りたくなりますねえ。



スポンサードリンク
 
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
朝ドラ花子とアン ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。