So-net無料ブログ作成
スポンサードリンク

朝ドラ カーネーション 11週 あらすじまとめ ブログトップ

朝ドラ カーネーション 11週 あらすじまとめ [朝ドラ カーネーション 11週 あらすじまとめ]

朝ドラ カーネーション 11週 あらすじまとめ  12/12(月)~12/17(土)の放送

『月』火事で全身にやけどを負った善作(小林薫)は、命を取り留めたものの、医者から絶対安静を言い渡されてしまい、一方、糸子(尾野真千子)は3番目の子となる女の子を無事出産しました。

『火』気がめいる日々が続く糸子でしたが、神戸の祖父母が善作の見舞いに来て、3番目の子を聡子と名付けてくれました。その時、祖母がはいていた着物生地のしゃれたもんぺが目に入り、またアイデアが浮かびました。

『水』戦時中でも女はおしゃれができたら元気が出ると、糸子はしゃれたデザインのモンペを考案し、その作り方教室を開くと、サエ(黒谷友香)らが習いにやって来て大繁盛しました。

『木』戦局が悪化する中、勝(駿河太郎)から無事を知らせるはがきが届き、ほっとした糸子。
さらに糸子は、モンペ教室に来た八重子(田丸麻紀)から、泰蔵(須賀貴匡)に赤紙が届き、見送りに来てほしいと頼まれました。

『金』泰蔵の出征を見送った善作は、無理がたたり悪性の皮膚病(疥癬・かいせん)にかかりました。
糸子は回復を祈るが、善作は衰弱していきました。

『土』善作は仲間に誘われ、温泉で養生することにしました。糸子は心配しましたが、楽しみにしている父を見ると、反対できず、送りだしてしまいました。しかし、しばらくして、旅先から「チチ キトク」の電報が届いたのです。



スポンサードリンク
 
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
朝ドラ カーネーション 11週 あらすじまとめ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。