So-net無料ブログ作成
検索選択
スポンサードリンク

カーネーション 10週 あらすじまとめ ブログトップ

カーネーション 10週 あらすじまとめ [カーネーション 10週 あらすじまとめ]

カーネーション あらすじ第10週 12/5~12/10のまとめ

『月』太平洋戦争が勃発。糸子(尾野真千子)は、国防婦人会からモンペをはくことを強要される。そんな中、糸子は戦地から帰ってきた勘助(尾上寛之)を元気づけようとするがかえってショックを与えてしまい、勘助と会うことを禁止される。
勘助役・尾上寛之の作品

『火』衣料品売買に切符が必要となり、善作(小林薫)が手伝いに来る。一方、勝(駿河太郎)は夜ごと出掛けることが多くなるが、糸子は気にしない。

『水』勝に誘われて歌舞伎見物に出掛けた糸子は、そこで勝の知り合いという菊乃と会う。彼女は勝が通っている料亭の芸者だった。やがて、そんな勝に召集令状が届く。

『木』小原家で勝の壮行会が開かれる。数日後、勝が着ていった背広が糸子のもとに送り返されてくる。糸子はそのポケットから、勝と菊乃が写った写真を見つけてはじめて、勝の浮気を知る。

『金』糸子は夫の浮気を確信し、勝が自分を女としてではなく、ただの稼ぎ手として見込み、結婚したのだと思い始め、奈津(栗山千明)に相談するが笑い飛ばされ、気にしないことにする。

『土』糸子は勝が戦地に向かったことを知る。夫のことを考えると糸子は心配で寝付けない。そんな中、階下で火の手が上がる。


スポンサードリンク
 
カーネーション 10週 あらすじまとめ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。