So-net無料ブログ作成
検索選択
スポンサードリンク

朝ドラ カーネーション 8週 あらすじ ブログトップ

朝ドラ カーネーション 8週 あらすじ [朝ドラ カーネーション 8週 あらすじ]

連続テレビ小説 カーネーション 第8週 あらすじまとめ 11/21(月)~11/26(土)放送分

昭和9年4月、糸子(尾野真千子)は念願の「小原洋裁店」の看板を揚げた。
質屋の雇われ店主になった善作(小林薫)ら家族、近所の人たちも祝福する。

そんなある日珍しく伯父の正一(田中隆三)が訪ねてきて、糸子を連れ出す。
待っていたのは紳士服店の同僚だった川本勝(駿河太郎)。
伯父の正一役・田中隆三の作品>>激レア★【海に降る雪 】和由布子、田中隆三、 美保純 ★[VHSビデオ]:楽オク中古品
不審がる糸子だったが、実は善作も承知の結婚話だと後で知って驚く。
婿に入ってもいいという勝に、善作はすっかり乗り気だった。

全く気が進まない糸子をよそに、祝言の日取りが決まり周囲は盛り上がる。
だが糸子は一方で無理な仕事を引き受け、ミシンの踏み過ぎでひざを痛めてしまう。

おまけに通った病院の看護師の制服まではりきって受注してしまい、祝言当日もミシンから離れようとしない。

親戚や近所の人々が料亭吉田屋で待ち受ける中、しびれをきらした奈津(栗山千明)が様子を見にいき、もはや歩けない糸子を背負って会場に連れてくる。
奈津役・栗山千明の作品>>

祝福された結婚なのになかなか結婚生活になじめなかった糸子だが、ハル(正司照枝)に叱られ、初めて勝と話し合うことに。勝は糸子の仕事をする姿にほれたのだと告げ、思うようにやれという言葉を糸子は噛みしめる。

2年後、糸子は新しい命を授かる。(NHK公式ホームページより)

2年間子供ができなかったのですね。仕事が忙しくてそれどころではなかったのでしょうか。
でもおめでたいことです。

関連記事>>朝ドラ カーネーション あらすじ

スポンサードリンク
 
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
朝ドラ カーネーション 8週 あらすじ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。