So-net無料ブログ作成
検索選択
スポンサードリンク

朝ドラ おひさま 126話 中村ゆり  ブログトップ

朝ドラ おひさま 126話 中村ゆり  [朝ドラ おひさま 126話 中村ゆり ]

朝ドラ おひさま「ひなたの夢」126話 中村ゆり 2011年8月27日(土)
127話予告 高良健吾 はこちら>>http://nhkasadora.blog.so-net.ne.jp/2011-08-26
翌朝早く、陽子(井上真央)に置き手紙をして川原(金子ノブアキ)は丸庵を去っていきました。
川原が丸庵に来たのは偶然だったのですね。

置手紙の中で、川原が、妻・タエ(中村ゆり)が満州で死んだのは自分のせいだ、自分が殺したのと同じだと、
書いてあったので、和成(高良健吾)は「タエがどんなに幸せそうだったか話してやるべきだ」と陽子に言い、
安曇野に行くように勧めました。
春樹(田中圭)を訪ねて須藤家に向かったと思ったのでしょう。

それで、陽子は川原を追って、安曇野の実家へ向かいました。

川原はもう実家を立ち去っていましたが、春樹の死を知った川原は衝撃を受けたようでした。

中村ゆりの作品>>天国からのラブレター Love Letter from Heaven 【DVD】

残った和成はひとり、ハーモニカを探し出して、川原の得意な「月の沙漠」に挑戦しました。どういう心境なのでしょう。
★主な出演者
井上真央(いのうえまお)ヒロイン(丸山陽子)
高良健吾(こうらけんご)陽子の夫(丸山和成)
若尾文子(わかおあやこ)語り(現代の丸山陽子)
樋口可南子(ひぐちかなこ)義母 (丸山徳子)
井上琳水(いのうえりんな)日向子3歳の役
金子ノブアキ(かねこのぶあき)陽子の初恋の相手・川原
白川由美(しらかわゆみ)向いのお姉ちゃん(宮澤節子)
吉村実子(よしむらじつこ)ケチババア(岩本安子)
寺脇康文(てらわきやすふみ)父 (須藤良一)
斉藤由貴(さいとうゆき)現代の陽子の聞き役(原口房子)
★原作・脚本 
岡田惠和(おかだよしかず)

☆中村ゆり(なかむらゆり)陽子の初恋の相手川原の妻(川原タエ)役
中村 ゆり、本名:成友理(성우리 / ソン・ウリ)、通名:中村友理(読みは芸名と同じ)、1982年3月15日 生まれの29歳 )は日本の、女優、元歌手。韓国籍。

大阪府寝屋川市出身。エイベックス・エンタテインメント所属。身長 164cm 、血液型はAB型。
父親が在日3世で、母親が韓国生まれ。

主な作品 映画:『パッチギ! LOVE&PEACE』『天国からのラブレター』 他多数



スポンサードリンク
 
朝ドラ おひさま 126話 中村ゆり  ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。