So-net無料ブログ作成
スポンサードリンク

朝ドラ おひさま 119話 良子の告白  ブログトップ

朝ドラ おひさま 119話 良子の告白  [朝ドラ おひさま 119話 良子の告白 ]

朝ドラ おひさま「女たちに乾杯」119話 良子の告白 2011年8月19日(金)

120話予告>>http://nhkasadora.blog.so-net.ne.jp/2011-08-19
食品会社でつきあいにくいと感じていた同僚の良子(紺野まひる)は、同僚の竹内(野間口徹)が日向子の泣き声にいらいらして、「もういい加減にしてくれ」と陽子(井上真央)に言ったとき、意外にも、竹内の怠慢を正面から非難し、陽子をかばってくれたのです。

紺野まひるの作品>>宝塚誌【中古】歌劇◆2002.9/表紙:湖月わたる/絵麻緒ゆう・紺野まひるサヨナラ特集

同じ女性として、一生懸命頑張っている陽子に同情したのでしょうか。

良子は、陽子の誠実な仕事ぶりを分かっていたらしいのです。

そして、良子は、陽子と同じく出征前日に祝言だったが、夫は戻ってこなかったと告白しました。
あの時代には同じ目に会った女性が大勢いました。

それを聞いて陽子は 思わず涙ぐんでしまい、良子の気持ちが分り、仲良くなったようです。


丸庵では少しずつ、そば粉が手に入るようになり、陽子も、徳子(樋口可南子)からそばの作り方を教わりだしました。いよいよそば屋の女将さんの修行です。

そうそう、夜の陽子の教室では、裁縫が苦手な生徒のために、女学校時代の裁縫の望月先生(梅沢昌代)に来てもらって、裁縫を習いました。こういうのいいですね。望月先生もうれしそうでした。

梅沢昌代の作品↓↓↓



★主な出演者
井上真央(いのうえまお)ヒロイン(丸山陽子)
若尾文子(わかおあやこ)語り(現代の丸山陽子)
高良健吾(こうらけんご)陽子の夫(丸山和成)
樋口可南子(ひぐちかなこ)義母 (丸山徳子)
串田和美(くしだかずよし)義父 (丸山道夫)
紺野まひる(こんのまひる)食品会社の女同僚田所良子
石橋杏奈(いしばし あんな)手紙の送り主・かつての教え子(石井恵子)
土屋 太鳳(つちや たお )弁当を持ってこれなかったまずしい生徒・ハナ
野間口徹(のまぐちとおる)食品会社の同僚・竹内
梅沢昌代(うめざわ まさよ)安曇野女学校の裁縫の望月先生

スポンサードリンク
 
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
朝ドラ おひさま 119話 良子の告白  ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。