So-net無料ブログ作成
スポンサードリンク

朝ドラ おひさま  114話 嫁姑  ブログトップ

朝ドラ おひさま  114話 嫁姑  [朝ドラ おひさま  114話 嫁姑 ]

朝ドラ おひさま「再出発と嫁姑」 114話 嫁姑 2011年8月13日(土)
115話予告はこちら<<http://nhkasadora.blog.so-net.ne.jp/2011-08-13-1疲れても嫌なことがあっても弱音を吐かない陽子(井上真央)を、姑の徳子(樋口可南子)は他人行儀だと言うのですが、
陽子も黙ってはいませんでした。

大好きな家族に、そんな姿は見せられない、本当に困った時は、甘えるからと言われて、徳子は感動して、ゴメンネと誤りました。

やっぱり、この家族、理想的過ぎませんか。これが、実現したら、世の中の嫁姑問題は一気に解決できますよね。

陽子と徳子の間には、すでに家族だけに許される気の置けない関係が築かれているようで、すぐ仲直りして、と言っても、これケンカではないですが。
2人で映画カサブランカを見に行くことになり、どの着物を着ていこうかと話していたのでしたが、

次の日、いきなり、和成(高良健吾)と2人で行っておいでと、徳子の計らいで陽子と和成の夫婦2人で映画を見に行きました。

そして陽子の夜の教室には新しい参加者が来ました。貧乏でお弁当を持ってこれなかったハナ(土屋 太鳳)です。

★お買得!送料込み!【土屋太鳳】2012年カレンダー【smtb-TK】

久々に斉藤由貴さん登場>>送料無料!!【CD】「斉藤由貴」SINGLESコンプリート/斉藤由貴 サイトウ ユキ【smtb-TD】【saitam...

★主な出演者
井上真央(いのうえまお)ヒロイン(丸山陽子)
若尾文子(わかおあやこ)語り(現代の丸山陽子)
斉藤由貴(さいとうゆき)現代の陽子の聞き役(原口房子)
高良健吾(こうらけんご)陽子の夫(丸山和成)
樋口可南子(ひぐちかなこ)義母 (丸山徳子)
串田和美(くしだかずよし)義父 (丸山道夫)
石橋杏奈(いしばし あんな)手紙の送り主・かつての教え子(石井恵子)

☆土屋 太鳳(つちや たお )教え子のハナ役
土屋 太鳳プロフィール
1995年2月3日 生まれの16歳、東京都出身、日本の女優、アイドル、ファッションモデル。
愛称 たおっち 姫様。ソニー系列の芸能事務所ウエストサイドに所属。
血液型 O型  瞳の色 茶色 毛髪の色 黒色
身長 / 体重 153 cm / 39 kg BMI 16.7(低体重)スリーサイズ 79 - 60 - 79 cm 靴のサイズ 24.0 cm
備考 視力:両目とも2.0[1]

活動 デビュー 2005年 ジャンル ファッション モデル内容 一般
他の活動 女優  映画 トウキョウソナタ 釣りキチ三平  テレビ 龍馬伝 他

★原作・脚本 
岡田惠和(おかだよしかず)

番組内容疲れても嫌なことがあっても弱音を吐かない陽子(井上真央)を、徳子(樋口可南子)は他人行儀だと言うが、陽子も黙ってはいない。お互い言いたいことを言ってケンカし、ケロリと忘れる2人の仲のよさに道夫(串田和美)は右往左往させられる。陽子と徳子の間には、すでに家族だけに許される気の置けない関係が築かれていた。徳子の計らいで陽子は和成(高良健吾)と共に映画を見に行く。そして陽子の夜の教室には新しい参加者が。

出演者出演井上真央,高良健吾,若尾文子,樋口可南子,串田和美,斉藤由貴,石橋杏奈
原作・脚本作岡田惠和
★主な出演者
井上真央(いのうえまお)ヒロイン(丸山陽子)
若尾文子(わかおあやこ)語り(現代の丸山陽子)
斉藤由貴(さいとうゆき)現代の陽子の聞き役(原口房子)
高良健吾(こうらけんご)陽子の夫(丸山和成)
樋口可南子(ひぐちかなこ)義母 (丸山徳子)
串田和美(くしだかずよし)義父 (丸山道夫)
石橋杏奈(いしばし あんな)手紙の送り主・かつての教え子(石井恵子)

★原作・脚本 
岡田惠和(おかだよしかず)









スポンサードリンク
 
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
朝ドラ おひさま  114話 嫁姑  ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。