So-net無料ブログ作成
検索選択
スポンサードリンク

朝ドラ おひさま 113話 食品会社 ブログトップ

朝ドラ おひさま 113話 食品会社 [朝ドラ おひさま 113話 食品会社]

朝ドラ おひさま「再出発と嫁姑」113話 食品会社 2011年8月12日(金)

“夜泣きする日向子が皆を起こしてしまうのでは”と陽子(井上真央)は気にするが、「泣くのが赤ん坊の仕事。
申し訳ないなんて思わないこと」と徳子(樋口可南子)は諭しました。

本当に理解のある姑さんですね。いわゆる理想の姑です。
なかなかこんな姑さんはいませんよ。 

まあ、陽子の場合、夫よりも、その母親(姑)に気に入られて結婚したのだからかもしれませんね。

しかし職場では、日向子が泣いても同僚の田所良子(紺野まひる)は無視を決め込み、竹内(野間口徹)は、これ見よがしにため息をつき、陽子はいたたまれない気持ちになっているようでした。

紺野まひるの作品>>【22%OFF!】花ざかりの君たちへ ~イケメン♂パラダイス~ DVD-BOX(前編)(DVD)

しかし、現金収入は今の丸山家には必要らしいのです。

それなら、丸庵が忙しいのは、昼食の間だけのようですから、義父母が預かって、陽子が昼休みにおっぱいをあげにくるとかしてあげればいいと思いますが。遠いのかしら。
野間口徹の作品↓↓↓


スポンサードリンク
 
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
朝ドラ おひさま 113話 食品会社 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。