So-net無料ブログ作成
検索選択
スポンサードリンク

朝ドラ おひさま 91話 神蔵(中原丈雄)の芝居 ブログトップ

朝ドラ おひさま 91話 神蔵(中原丈雄)の芝居  [朝ドラ おひさま 91話 神蔵(中原丈雄)の芝居]

朝ドラ おひさま「女たちの時間」(91話)神蔵(中原丈雄)の芝居  92話予告>>こちら【送料無料】ピアノミニアルバム 連続テレビ小説 おひさま ヤマハミュージックメディア ピアノ...

子供も夫も亡くした富士子(渡辺美佐子)の寂しさを察した陽子(井上真央)は、嫁の立場なのに、姑の徳子に、
「子どもが産まれるまで、おばあ様を丸庵に滞在させてほしい」と頼みました。

うーん。戦後の食料難の時、自分の家族だけでも大変なのに、快く賛成する丸庵の人たちは、理想の家族像ですね。

「用事が済んだから帰る」と言った富士子は、確かに気位が高くて、素直にその好意を受けるとは思えませんでしたから、。

和成(高良健吾)の発案で「運転手の神蔵(中原丈雄)さんが腹痛を起こし、やむなく滞在する」という筋書きのひと芝居は仕方なかったかな。

中原丈雄さんの演技、芝居の中で芝居をするという役、難しいと思ったけど、わざとらしくてうまかったですねえ。

さすが『白い巨塔』の船尾悟教授役で「甘いお方だ」という名台詞で有名になったり、数々のテレビドラで活躍された俳優さんです。

ですから、富士子は、芝居だということは分っていて、笑いをこらえるのが大変だったと言ってました。
でも、そうまでして、富士子を引き止めてくれたことは、とても嬉しかったでしょう。

普通ならありえないことですから。
運転手の役名は神蔵正太郎(かみくらしょうたろう)と言うのですね。

中原丈雄さん相棒にも出演してます↓↓↓


★主な出演者
井上真央(いのうえまお)ヒロイン(丸山陽子)
高良健吾(こうらけんご)陽子の夫(丸山和成)
樋口可南子(ひぐちかなこ)義母 (丸山徳子)
渡辺美佐子(わたなべみさこ)母方の祖母(桐野富士子)
中原丈雄(なかはらたけお)富士子のお抱え運転手(神蔵正太郎)
白川由美(しらかわゆみ)向いのお姉ちゃん(宮澤節子)
語り若尾文子(わかおあやこ)現代の陽子(丸山陽子)
★原作・脚本 
☆岡田惠和(おかだよしかず)




スポンサードリンク
 
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
朝ドラ おひさま 91話 神蔵(中原丈雄)の芝居 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。