So-net無料ブログ作成
スポンサードリンク

朝ドラ おひさま 杏子(大出菜々子)東京へ ブログトップ

朝ドラ おひさま 杏子(大出菜々子)東京へ [朝ドラ おひさま 杏子(大出菜々子)東京へ]

朝ドラ おひさま 14週 「幸せの準備」 81話 杏子東京へ 2011年7月6日(水) 82話予告>>それぞれの戦後
終戦後の学校は、指導方針が目まぐるしく変わり、教師も子供たちも戸惑ったようですね。
児童たちもいらいらしてけんかが始まり、割って入った陽子は怪我をしてしまいますが、育子の弟筒井一郎(吉川史樹)のおかげで、他の生徒達も陽子の気持ちが分ったようです。
あんなに大好きな陽子先生だったのだから。けんかした2人とも泣いていましたね。

育子の弟(吉川史樹)の作品↓↓↓
特別目をかけていた杏子(大出菜々子)が東京のおじさんの所に帰ることになりました。

今まで、そんなことは聞いていなかったので、どういう関係のおじさんなのか、気に掛かります。
でも名乗り出てくれたのですから、よくしてくれるおじさんであることを祈るのみです。


杏子は、もう一度、丸庵に遊びに行きたいと陽子に最後のお願いをしました。
あの日がよほどうれしかったのでしょうね。

そして、陽子は杏子に 春樹兄さんの好きだった思い出の詩「心に太陽を持て」をプレゼントしました。
この詩は私も大好きです。 おひさまのテーマにぴったりですから、これからも度々出てきて欲しいです。


ヒロイン(丸山陽子):井上真央(いのうえまお)   陽子の夫(丸山和成):高良健吾(こうらけんご
義母 (丸山徳子):樋口可南子(ひぐちかなこ)   義父(丸山道夫):串田和美(くしだかずよし)
左官屋の嫁(宮下啓子):初音映莉子(はつえねえりこ)  啓子の息子:高澤父母道(たかざわふぼみち)
陽子の親友(筒井育子):満島ひかり(みつしまひかり)  向いのお姉ちゃん(宮澤節子):白川由美(しらかわゆみ)
ケチババア(岩本安子):吉村実子(よしむらじつこ)  夏子先生(高橋夏子):伊藤歩(いとうあゆみ)
校長(梅田敏夫):綾田俊樹(あやたとしき)  育子の弟9歳(筒井一郎):吉川史樹(よしかわふみき)
陽子の教え子(倉田杏子):大出菜々子(おおでななこ)  杏子の妹(倉田千津子):小西舞優(こにしまう)
語り現代の陽子(丸山陽子):若尾文子(わかおあやこ)  原作・脚本 岡田惠和(おかだよしかず)


スポンサードリンク
 
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
朝ドラ おひさま 杏子(大出菜々子)東京へ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。