So-net無料ブログ作成
スポンサードリンク

朝ドラ おひさま 夏子の婚約者 ブログトップ

朝ドラ おひさま 夏子の婚約者 [朝ドラ おひさま 夏子の婚約者]

朝ドラ おひさま 第13週 「帰郷」 第75話 夏子の婚約者

広島に爆弾が落ちて、町が無くなってしまったと聞いて、夏子先生(伊藤歩)が、ひどく取り乱して
泣き崩れてしまいましたね。取り乱した演技がとても上手でした。

伊藤歩の作品はこちら>>伊藤歩/筒井道隆/記憶の海

広島へ行かなくちゃと飛び出した夏子先生に、校長(綾田俊樹)は交通が全部遮断されているから無理だとと
告げ、陽子も落ち着いてと夏子先生を止めると、夏子先生は意識を失って倒れてしまいました。

意識を取り戻した夏子に、陽子は自分の家に来るように誘いました。一人暮らしの夏子を心配したのでした。
でも「彼は私の下宿先とここ(学校)しかしらないから」と夏子は断りました。
もしかして運良く逃げて来るかもしれない彼を待つつもりでした。

でも、夏子の彼はとうとうやって来ることはなく、夏子はそのまま結婚せず、一生彼を思い続けたのでした。
偉いですねえ。かわいいですねえ。あの時代にはよくあったことのようです。


それにしても、春樹の手紙の内容、今日も公表しませんでしたね。残念です。見たいです。

伊藤歩の写真集はこちら>>↓


今日の主な出演者

須藤陽子(井上真央・いのうえまお)
高橋夏子先生(伊藤歩・いとうあゆみ)
校長 梅田敏夫 (綾田俊樹・あやた としき)
近所のお姉ちゃん宮澤節子(白川由美・しらかわゆみ)
丸山道夫(串田和美・くしだかずよし)
丸山徳子(樋口可南子・ひぐちかなこ)


スポンサードリンク
 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
朝ドラ おひさま 夏子の婚約者 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。