So-net無料ブログ作成
スポンサードリンク

朝ドラ おひさま 杏子(大出菜々子) ブログトップ

朝ドラ おひさま 杏子(大出菜々子) [朝ドラ おひさま 杏子(大出菜々子)]

朝ドラ おひさま 第11週66話「戦火の恋文」

今日の主役は陽子のクラスに東京から縁故疎開してきた倉田杏子(大出菜々子)です。
大出菜々子の作品はこちら>>【メール便なら送料無料】【DVD】大特価!25%OFF!それでも花は咲いていく<2011/7/22>

黒板に描かれた家族4人の絵がとても上手です。

誰かがやってくる気配を感じて、杏子は慌てて黒板の絵を消します。よく消し終わらないうちに

中村先生(ピエール瀧)が歌いながらやって来ました。

杏子が隠れようとして陽子を発見し、陽子と一緒に机の後ろに隠れました。

中村先生は「まったく、師範学校出の教師は口ばっかりで。ちょっと甘くするとこれだから」と陽子の悪口を
言いながら黒板の汚れを拭きます。

やっぱり、昨日は甘くしたのですね。どういう意図があるのでしょう。後で何か関係が出てきそうです。

いつもの悪口に、陽子はこっそり、アカンベーをします。

杏子が黒板に描いた家の絵が陽子の実家に似ていたので、陽子は、杏子姉妹を須藤家に連れて行きました。

「わあ、広ーい」と杏子の妹は大喜び。

陽子は、そこで、杏子の東京の担任からの手紙で、杏子が明るくて、優秀で、絵が上手なことなどを知ってうれしかったこと、明るい性質でいたほうが良いことを話しました。

でも杏子はきびしい顔つきで、お父さんは入院、お母さんは看病で、楽しいことは一つもないのに、私だけ笑うわけにはいかないから今のままでいいのだと言うのです。

全く子供らしくないのです。

この子を見ていて、昔の朝ドラのおしんを思い出しました。そういえば、大出菜々子さんおしんに似ていますね。

疎開先の家に帰ると、最近手紙が来ないけど、何かあったのかねとおばさんに言われます。このおばさん、心配してくれているのかな。

お母さんが心配で、「東京に行きたい」と強く思った杏子は妹をつれて、家出し、大騒ぎになりました。

それを知らされた陽子は、はっと気づいて自分の実家に行ってみると、案の定須藤家の縁側にいました。

そんなことがあったあくる日の習字の時間が終わると、育子の弟が杏子に話しかけてきました。

「上野動物園のぞうの絵を描いて欲しい」と頼むのです。それで描いた杏子のぞうの絵が上手なので、クラスの皆が感心しました。
杏子はうれしくてにっこり笑顔になりました。笑顔がかわいいですね。
でも、ちょっと出来すぎのお話のような気がしますけど。

大出菜々子(おおでななこ)2000年2月23日生まれ、京都府出身の女優。
血液型A型、身長145cm、特技・趣味ヒップホップダンス、音楽鑑賞・手芸 サンミュージック所属。
まだ押さないのに、ずいぶん活躍しているようです。将来有望な女優ですね。

テレビ 
KTV「子ほめ」NHK木曜時代劇「鞍馬天狗」EX「その男副署長2」(桜の少女時代役)他多数

CM
茨城県米穀「コシヒカリ」「生駒山上遊園地」若草食品「こんにゃく発表」「ケイオプティコム」

VP
エレコム」「関西電力」「車まるごと カーワックス」

スチール
千趣会「ディズニーカタログ」大西衣料」三洋電機」「宇治田原製茶場」

映画
それでも花は咲いていく」(安藤奈美役)「小川の辺」

舞台
Bunkamura20周年記念特別企画【蜷川幸雄演出】ユートピアの岸へ-」(Ⅲ部:タータ役/オリガ役)

NHK朝の連続小説 おひさま上 本
興味のある方は、下の画像をクリック↓






スポンサードリンク
 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
朝ドラ おひさま 杏子(大出菜々子) ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。