So-net無料ブログ作成
スポンサードリンク

朝ドラ おひさま ピエール瀧(中村先生) ブログトップ

朝ドラ おひさま ピエール瀧(中村先生) [朝ドラ おひさま ピエール瀧(中村先生)]

NHK おひさま 第11週65話「戦火の恋文」

ピエール瀧の作品はこちら>>[1996年劇場未公開:DVD未発売]ハッピーピープル●監督:鈴木浩介//篠原涼子/広田玲央名/ピエー...
今日の『おひさま』、恋文ではありませんが、杏子手紙が出てきました。

杏子は、妹の千津子2人、縁故疎開で東京からきた陽子の生徒です。
陽子は、杏子が元気がないのが気になって、杏子の預かり先の家に家庭訪問に行きました。

その家も生活が苦しいので、本当は預かりたくなかったけれど、
「父親が病気で入院しちまって、母親一人じゃ、東京の空襲が心配だからって、頭下げられちまったからしかたなく
預かっている」とのことでした。

そのことを知っているから、杏子達は遠慮していて、元気がないのですね。

陽子は、杏子が東京で通っていた学校の先生に、「どんな子でしたか」と、手紙を出して聞いたのです。
ずい分熱心な先生です。

その先生からの返事の手紙で、ものすごく明るい子で、勉強が大好きで、
とってもよくできて、歌を歌うのが好きで、特に、絵を描くことが大好きで、賞をもらったりしていたことを知りました。

陽子は生徒達が帰った教室で、杏子が東京のお母さんに宛てて書いた手紙を拾いました。
とても子供とは思えないような文章で、母親に心配をかけないようなことが書いてありました。

けなげですが、あの文章、私だって書けないぐらい大人っぽいですね。戦時中だからでしょうか。

千津子の声がしたので、陽子は慌てて、床に手紙を置いて、机の陰に隠れました。
あわてて戻ってきた杏子がよかったと、その手紙を拾いました。

そして、妹の千津子にお母さんの絵を描いてと頼まれて、杏子は黒板に親子4人と東京の家の絵を書きました。

陽子はそっと頭を出して、その絵を見ました。なかなか上手に描けていました。

陽子はずっと隠れているのでしょうか。

ちょっと気になったのは、いつもは嫌味ばかり言っていた鍛錬教師の中村先生(ピエール瀧 )
が、陽子のクラスの訓練をほめてくれたことです。 どうしたことでしょう。今まで興味がなかったけれど、ちょっと調べてみました。


ピエール瀧(ピエーたき)、本名:瀧 正則〈たき まさのり〉は1967年4月8日生まれ(44歳)、静岡県静岡市葵区出身のミュージシャン、タレント、俳優。
テクノバンド「電気グルーヴ」のメンバー。身長179cm。血液型はAB型。愛称は「瀧」・「顔」。「ピエールさん」と呼ばれることも多い。

出演
テレビドラマ カケオチのススメ 木更津キャッツアイ 人類滅亡と13のコント集 他多数
ベラエティー 瀧正則アワーなかよし学級 ゲームの惑星 お叱り!丸刈りーた 他多数
ラジオ    小島慶子キラキラ 木曜日担当パートナー
アニメ(声優)レックス・ザ・ラント   カレーの国のコパール 他
映画     HAPPY PEOPLE/ハッピー・ピープル SFサムライフィクション 赤影 他多数

けっこう色々と活躍しているのですね。
ピエール瀧の作品はこちら>>【送料無料選択可!】ピエール瀧 presents COMIC牙デラックス/ピエール瀧とベートーベン LIVE a...



スポンサードリンク
 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
朝ドラ おひさま ピエール瀧(中村先生) ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。