So-net無料ブログ作成
スポンサードリンク

朝ドラ おひさま お姉さん(白川由美) ブログトップ

朝ドラ おひさま お姉さん(白川由美) [朝ドラ おひさま お姉さん(白川由美)]

朝ドラ おひさま 第10週59話 今日だけの花嫁 2011年6月9日(金)

「嫁をもらったんじゃない。新しく娘ができたって思うことにするよ。私はこの家の娘で、嫁の経験がないからね」と姑。
私の姑も、養女で、お婿さんをもらったから、嫁の経験がないわがままな人でした。
私が夫と結婚した時、全く同じことを言ったのでした。10年は良い姑でしたが、ある時から豹変したのでした。 
陽子も大丈夫かしら。今は、娘を亡くした母と、母を亡くした娘で補い合ってうまく行きそうですが。
和成さんがいない寂しさも共感できるし、当分は大丈夫ね。

NHK朝の連続小説 おひさま上 本
興味のある方は、下の画像をクリック↓

そして、新しい生活で増えた知り合い。当然近所の人には紹介しますよね。けちんぼで業突く張りのおばさん。どこにでも
一人はいますよね。私の母みたい。この女優さんはだれかしらと思う。

配給の魚を他の人には小さいのを渡して、自分は大きいのをとる。戦時中もこういうことあったと思うな。かわいいねとか言われて
一度はだまされた陽子も、次回からは大きな目をして相手を威嚇して、ちゃんと権利を行使するなど、だんだんたくましくなって
いくんですね。

お舅さんがお弁当を作ってくれるなんて、めったにないことですよね。おそば屋さんだからのことでしょうが。でもお舅さんって
お嫁さんにはやさしいものですよ。私の亡くなった舅もやさしかったし。姑と私の間で困っていた様子でしたが。

お弁当まで作ってくれて、仕事を続けさせてくれるのは、本当に恵まれていると思う。

そして、空襲警報の訓練で、陽子が持ち出した「大切なもの」は、祝言で和成が使ったお茶碗でした。気が転倒して、そんな物を
持ち出したように他人には見えたけれど、陽子にはとても大切な物だったのですね。和成のぬくもりが残っているような気がする
のでしょう。

きのう姑(樋口可南子)が泣きに行った、向かいのおばさん(白川由美)も笑ってましたね。天下の白川由美が出てきたのだから
このおばさん、ちょくちょく出るのでしょうね。

白川 由美(しらかわ ゆみ、1936年(昭和11年)10月21日 生まれ(74歳)、東京都品川区出身の日本人女優。頌栄女子学院卒業。血液型はA型。
夫は俳優の二谷英明、娘は二谷友里恵。seventh avenue所属。

本名は二谷 安基子(にたに あきこ)、旧姓;山崎(やまさき)。学生時代の愛称は「安基子嬢」。

ジャンル 女優。活動期間 1956年 〜 現在に至る。

主な作品
映画
『夜の流れ』(1960年 成瀬巳喜男・川島雄三)、『大学の山賊たち』(1960年 岡本喜八)、『小早川家の秋』(1961年 小津安二郎)
『乱れる』(1964年 成瀬巳喜男)

テレビドラマ
『親子ジグザグ』、『GTO』、『魔女の条件』、『ハケンの品格』、『獣医ドリトル』

特別の受賞はないが、母親にしたいタレントでも上位ランクインの常連となる。
その影響から、一時期は野際陽子と並んでTBSドラマのお母さん女優の双璧と称された。映画もテレビも多数出演して、書ききれません。
白川由美もすごい女優です。(ウィキペディアより。)

派遣の品格で白川由美さん使用のすてきなダイヤのピアスはこちら>>Ptダイヤ スタッドピアス[0.5ct]≪白川由美さん使用≫TVドラマ『ハケンの品格』【特価 ダイヤ...
派遣の品格なつかしいですね。これは最初から最後まで見ました。実は私も派遣だからです。

★今日の問題
姑がお姉さんと呼ぶ向いの
おばさんの役名(     )読み方(     ):女優名(     )読み方(     )
陽子の不良友人の役名(     )読み方(     ):女優名(     )読み方(     )


正解
宮澤節子(みやざわ せつこ):白川由美(しらかわゆみ)
筒井育子(つついいくこ):満島あかり(みつしまあかり)

スポンサードリンク
 
朝ドラ おひさま お姉さん(白川由美) ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。