So-net無料ブログ作成
スポンサードリンク

八重の桜 登場人物 山川健次郎(勝地 涼) [NHK 大河ドラマ 八重の桜 登場人物とキャスト]

山川健次郎は会津藩家老・山川家の山川尚江の次男

知恵の山川」といわれた兄・浩(大蔵)やしっかり者の姉・二葉らとは違い、幼いころの健次郎は、身体が弱く「青瓢箪(あおびょうたん)」と呼ばれるほどの弱虫でした。

伊東悌次郎らと共に八重に鉄砲や砲術を学びました。

落城後、猪苗代の謹慎所を脱出し、長州藩の奥平謙輔の助力により、17歳でアメリカの名門・イェール大学に留学。

その後は学者として東京・九州・京都の各帝国大学の総長を歴任、「白虎隊総長」と呼ばれます。

晩年は「京都守護職始末」編さんの途中で息絶えた兄の意志を引き継ぎ、会津の復権に努めます。
☆山川家は優秀な人物が多いようです。

 
 
 


朝ドラ 大河ドラマ キャストトップへ
朝ドラ 大河ドラマ あらすじへ



スポンサードリンク
 
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。