So-net無料ブログ作成
スポンサードリンク

八重の桜 登場人物 山本時栄(谷村美月) [NHK 大河ドラマ 八重の桜 登場人物とキャスト]

山本覚馬の再婚相手である山本時栄(ときえ)


御所に出仕しをしていた丹波郷士・小田勝太郎の妹。

京都の大名藩邸の御用達を受けていた大垣屋清八(松方弘樹)の口利きで目が不自由な覚馬(西島秀俊)
の世話をすることになった。

激動の京都で、親子ほど年の離れた目の不自由な覚馬を献身的に支える。
会津戦争後、八重たちが京都に来た1871(明治4)年、覚馬との間に娘・久栄が誕生。

久栄は徳冨蘆花の自伝小説『黒い眼と茶色の目』のヒロインのモデルとなった。

会津に残ったうらと離縁した覚馬と入籍、八重や佐久、先妻・うらの娘・みねとともに山本家の一員として生活しながら、目と足の不自由となった覚馬を支え続ける。

後に、不祥事を起こした時栄を覚馬は許そうとしたが、八重によって離縁させられる。(NHK オンラインより)

時栄の不祥事とは
山本家が養子にしようと会津から呼び寄せ、覚馬と新島襄が設立した同志社英学校で学ばせていた18歳の青年と時栄が不倫して妊娠した事件です。(あらすじと犯人のネタバレより)

関連記事>>八重の桜 谷村美月  下女・時栄 役

朝ドラ 大河ドラマ キャストトップへ
朝ドラ 大河ドラマ あらすじへ




スポンサードリンク
 
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。