So-net無料ブログ作成
スポンサードリンク

八重の桜 登場人物 萱野権兵衛(柳沢慎吾) [NHK 大河ドラマ 八重の桜 登場人物とキャスト]

NHK 大河ドラマ 八重の桜 登場人物 萱野権兵衛(かやのごんべえ)

萱野権兵衛は通称で、本名は萱野 長修(かやの ながはる)
江戸時代末期(幕末)の会津藩家老。
萱野家は、代々家老職を務める名門で、当主は権兵衛を名乗る。
 
 
 

文武に優れ、剣は一刀流溝口派の達人。会津戦争では、包囲された鶴ヶ城への兵糧輸送を指揮。
降伏開城後、江戸で謹慎の身となる。

容保父子を助命するため、新政府からの下命を受け、藩の責任を一身に背負って自刃した。

墓は東京白金の興禅寺と会津若松市の天寧寺にあり、現在も墓前祭が行われている。
享年は40説と42説があり三男の郡寛四郎が作成した系図には42歳と記されている。

☆主君を命がけでかばったあっぱれな武士でした。主君がりっぱだったからでしょう。

朝ドラ 大河ドラマ キャストトップへ
朝ドラ 大河ドラマ あらすじへ
昼ドラ あらすじとキャストへ



スポンサードリンク
 
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。